FIRE×ミニマリストが最強である理由→ クリック

大手メーカー6年目社員のボーナス支給額と使い道

PVアクセスランキング にほんブログ村

※記事内の画像をタップすると拡大して見る事が出来ます。

こんばんは、たかしんです。

記事をご覧頂きありがとうございます。

今回は大手メーカーに勤務する6年目会社員のボーナス事情についてご紹介します。

目次

ボーナス支給額

結論からお話しします。

大手メーカーで総合職をしている6年目会社員の

私の夏のボーナスの総支給額は612,600円でした。

そこから税金や社会保険料など諸々が差し引かれて

実際の手取り額は470,000円ほどでした。

私の勤める会社では前年度の業績によって

ボーナス支給額が決定する仕組みを採用しています。

基準額が昨年から微増した事に加えて、年齢による増額もあり

昨年比+70,000円という支給額でした。

ボーナスの使い道

私は基本的にボーナスなどの臨時収入は

ほぼ全て貯蓄と投資に回す様にしています

今回のボーナスでは「使う力」も意識しました。

大部分を貯蓄と投資に回すという大前提はありますが

今回はそこに加えて自分の好きなコトやモノにも、積極的にお金を投じました。

例えば野球が大好きな私は

より野球を楽しむ為にバット新しいグローブを買いましたし、

もう一つの大好きな趣味「筋トレ」を追求する為に

解剖学のテキストやトレーニング用のバッグも購入しました。

それぞれ安くはない買いモノでしたが

私の幸福度を最高に高めてくれる

非常に満足度の高いお金の使い方でした。

他にも友人や家族へプレゼントを購入したり

食事をご馳走したりとGIVE的な使い方にも力を入れました。

相手の喜んだ顔を見てとても嬉しくなりましたし

こちらもかなり満足度の高いお金の使い方でした。

闇雲に使わない

ちなみにこれまでのボーナスは

なんとなく欲しいモノを買ったり

なんとなく外食をしたりしているうちに

いつのまにか使い切ってしまっている。

・・・という事が多々ありました。

ほぼ無意識的にお金だけが減っていくのですから

お金を使った後の満足感も全くありませんでした。

しかし今回の様に自分が本当に大好きなコトやモノにのみフォーカスしてお金を使った事で

満足感は何倍も高くなりましたし、出ていく金額も圧倒的に少なくなったので

多額の貯金まで出来る様になりました。

今回の経験から

ボーナスは何となく使ってしまうのではなく

自分が大好きなコト・モノに絞って使い、残りを貯蓄や投資に回す様にすると

現在も未来も両方を満たす事が出来るという事を学びました。

まとめ

今回は大手メーカーに勤務する6年目会社員のボーナス事情についてお話ししました。

夏のボーナスの総支給額は612,600円でした。

FIREに向けた私の投資方針として、ボーナスなどの臨時収入は

その大部分を貯蓄と投資に回す様にしていますが

今回は「使う力」も意識し、少額ながらも

自分の気分を高めてくれる大好きなコト・モノにお金を投じ

幸福度、QOLの向上を実現する事が出来ました。

未来も大切ですが現在はもっと大切。

どちらも疎かにする事のないボーナスの使い方が出来たのかなと感じています。

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

☟ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

☟読者登録はコチラ

FIREを目指すミニマリスト会社員のブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア

関連記事

目次
閉じる