FIRE×ミニマリストが最強である理由→ クリック

ミニマリスト が最近買ったモノ5【セームタオル】

PVアクセスランキング にほんブログ村

※記事内の画像をタップすると拡大して見る事が出来ます。

こんばんは、たかしんです。

記事をご覧頂きありがとうございます。

今回はミニマリストである私が最近購入したモノをご紹介します。

目次

セームタオル

今回私が購入したのはこちらのセームタオルです。

↑競泳の選手がよく使っているイメージですね。

このタオルは異次元の吸水力を持ち、絞れば何度でも吸水力が復活するシロモノです。

以前から気になってはいたのですが、実際に使用している人が周りにおらず

使い勝手などが分からない為二の足を踏んでいました。

 

しかしTwitterで仲良くして頂いているかぜさんのブログでこの商品が紹介されており、

実際に使用感を尋ねてみたところ、とても満足しているとの事だったので購入に踏み切りました。

 

結論・・・もっと早く買えば良かったです笑

モノが減るわ、身軽になれるわ、洗濯物も減るわで良いことづくめでした。

実際に使用してみて分かったメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

吸水性が高い

濡れた肌にセームタオルをそっと被せるだけでも、みるみるうちに水分を吸い込んでくれます。

吸水性が高いので身長193センチの私でも、手ぬぐいサイズで十分に全身を拭き切ることが出来ます!

すぐ乾く

水を吸い込んだ後も軽く絞れば、すぐに吸水力が復活します。

普通のタオルと違い、力を入れて固く絞る必要がないので楽です。

使用後もハンガーにかけておけば、数時間後にはパリパリになるほどの速乾性です!

↑短時間で干物状態になります。再使用時は軽く水をかけて柔らかくします。

(使用後は軽くすすぎ、何回かに1回洗濯ネットにいれて洗濯すればOKです。)

コンパクト

セームタオルを丸めるとかなりコンパクトになります。

付属のケースに入れれば500mlのペットボトル以下のサイズになります。

先述の通りこれ1枚で全身を拭くことが出来るので、

ジムや銭湯に行く時もバスタオルやハンドタオルを複数枚持っていく必要はなく

このコンパクトなタオルを1枚携帯すればOKです。

 

今までは旅行や遠征に行く際にバスタオルが嵩張っていましたが

セームタオルがあればかなり身軽になれそうです。

デメリット

そんな超絶便利アイテムのセームタオルですが、弱点もあります。

若干拭きにくい

セームタオルの材質的に、肌に吸い付くような感覚なので

普通のタオルと比べて滑りが悪く若干拭きにくいというデメリットがあります。

 

しかし私が購入したspeedoのセームタオルは、その対策として表面に凸凹加工がされており

ある程度滑りやすくなっているのでそこまでストレスは感じませんでした。

↑speedo社のセームタオルは裏面に凸凹加工がされています。

ただしこの点については好き嫌いが分かれるところでもあると思うので、

試しに1枚だけ購入して拭き心地を体感されることをおすすめします。

(私は全然気にならなかったので後日1枚買い足しました!)

まとめ

最近購入したモノ、今回ご紹介したのはセームタオルでした。

このタオルのおかげで複数枚持っていたバスタオルやハンドタオルを手放す事が出来ました。

↑バスタオルやハンドタオルは大きくて嵩張りますよね。

私は現在洗面時のみ綿のタオルを使用していますが、

それ以外の場面(風呂上がり、ジム、銭湯)はセームタオル1枚で賄っています。

 

全てのタオルをセームタオルに集約するとまでは行かなくても

1枚持っていれば色々な場面で役に立つはずです。

皆さんもぜひ一度使ってみてください。

 

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

☟ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

☟読者登録はコチラ

FIREを目指すミニマリスト会社員のブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア

関連記事

目次
閉じる