たかしん

はじめまして、たかしんです。
筋トレ大好き28歳会社員です。
元浪費家のハイパーマキシマリストで、社会人1年目にレクサスRXを新車で購入も、色々あって中古の軽自動車に乗り換えました。
今では倹約家のミニマリストです。
現在、FIREに向けて資産構築中です!
私が学んで得た知識やお得な情報、私の資産額、ミニマリズムに関する情報などを発信しています。
読者登録頂けると幸いです^ ^

たかしんをフォローする

最近買って良かったモノ3【Kindle】

こだわりのモノ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんばんは、たかしんです。

記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は、ミニマリストである私が最近購入して良かったモノをご紹介します(第3回)。

ここ数年で一番良い買いモノでしたので、熱が入りすぎ少々長い記事になりましたが、ミニマリストに限らず色々な人にオススメ出来るモノですので、ぜひ最後までお付き合いください(`・ω・´)

スポンサーリンク

大量の紙の本を手放した

前回の記事でお話しした通り、私は大量の紙の本を手放しました

前回の記事はコチラ↓

手放して良かったモノ6【紙の本】
こんばんは、たかしんです。 記事をご覧頂きありがとうございます。 今回は、ミニマリストである私が最近手放して良かったモノをご紹介します(第6回)。 大量の本と大きな本棚 毎日私のブログを読んでくださっている方なら記憶にあるか...

時々読み返す大好きな数冊だけを残して、300冊近くの本を手放しました

本が好きで、本棚だけはあっても良いかなと考えていたのですが「もっと身軽になりたい」「本当の意味で見栄を捨てたい」と思い大量の本と一緒に本棚も手放しました

↑これだけの本と本棚を手放しました。

紙の本を選んでいた理由

電子書籍という存在はもちろん認識していましたが、私が紙の本にこだわっていたのには紙の質感やページをめくる感覚が好きという理由だけでは無く、以下の様な事情がありました。

私は基本的に、気になった箇所に青ペンでラインを引き、コメントを書き込みながら本を読みます

そうする事で内容が頭に入りやすくなり、重要な部分をアウトプットしやすくなるからです

しかし、電子書籍だと気軽にラインを引いたりコメントを書き入れたり出来なくなり、アウトプットの質が落ちるのではないかと思い、紙の本を利用し続けていました

スポンサーリンク

電子書籍デビュー

そのような事情もあり、読み返していない大量の本を手放したと言いつつも、読書の質を確保する為には紙の本を電子書籍で代用するのは難しいと考えていました

とは言え紙の本はかさばりますし、持ち運びにくいというデメリットがあります

仕事柄、私は月1程のペースで1週間程度の出張をするのですが、その度に4、5冊の本をスーツケースに入れて持ち運んでいました。

いくらスーツケースが大きいとは言え、その分荷物が重くなってしまいますし、着替えなど他のモノを入れるスペースも小さくなってしまう為、若干不便に感じていました。

色々と悩みましたが、悩むのは時間の無駄ですし、電子書籍については多くのミニマリストさんがオススメしていた事もあり、とりあえず物は試しで電子書籍を使ってみる事にしました

電子書籍を使ってみた感想

電子書籍を使った正直な感想をお伝えします。

たかしん
たかしん

もっと早く買っておけば良かった!!!

それ以外の言葉が見つかりません笑

電子書籍って、めちゃくちゃ進化しているんですね!

紙の本と同じように読めるというのは言うまでもなく。

私が懸念していた「書き込めなくなる」というのも、ただの杞憂でした

文章を指でなぞるだけで、以下の写真のように簡単に綺麗なラインが引けます

ラインを引いた箇所は一覧で見ることが出来、すぐにそのページに移動することが出来ます。

しかも驚くべきことに、「ラインを引いた箇所を抜き出して文書を作成し、メールで共有する」という超便利機能まで用意されていたのです!

その機能を利用した実際の写真です。

↑電子書籍側からWi-Fi経由で送信。

↑登録済みのメールアドレスにファイルが届きます。

これでアウトプットの効率も爆上がりしそうです

ちなみにコメントも、手書きではありませんがちゃんと書き込めま

簡単に書いたり消したりできるので、いちいち体裁を気にする必要もありません。

↑メモもこの通り。

本体もとても軽く、片手で気軽に読書が楽しめます。(「お前の手が大きすぎるんやないか!」というツッコミを受けそうですね笑)

紙の本は数冊持ち運ぶだけでも一苦労ですが、電子書籍だとこんなに薄いタブレット1台で、数千冊の本を持ち運ぶ事が出来ます!(アンビリーバブル!)

↑薄くて軽い!私のスマホよりも軽いので、長時間読んでいても全然疲れません。

また、読みたい本があればすぐにダウンロードして読み始めることが出来ます

わざわざ本屋さんに行ったり、ネットショッピングで買った本が届くのを待つ必要もありません

E Inkという特殊な技術のおかげで、紙の本と同じ感覚で読むことが出来るので、ブルーライトの影響を気にしなくて良いのも大きなメリットです(スマホなどで読むと目が疲れてしまいますからね)。

恐れ入りました。

電子書籍ってこんなに便利なんですね。

今までは本と青ペンを持ち歩き、両手を使って読書をしていましたが、これからはこの薄いタブレット1台を持ち歩くだけで、いつでもどこでも片手で読書が出来ます。(電車の中で立ったままでもいけそうです!)

数千冊の本を保存できるので、今後は読み終えた本の収納場所も気にしなくて済みます

本棚もいりません。

モノの量が減る1in300outといったところでしょうか笑)、いつでもどこでも読書が出来るアウトプットがしやすいなど、たくさんメリットがありすぎて、「紙の質感が~」とかはどうでもよくなりました( ̄▽ ̄)

これはもう紙の本には戻れそうもありません。

※ただし辞典や参考書などの特殊なレイアウトの本や、図鑑等の写真が多いものなどは紙の本を利用する方が効率が良いと思いますので、そういう場合は紙の本を購入し、使い終わったら手放すという風にしていこうと思います。

ちなみに今回私が購入したのはKindle Paperwhiteという電子書籍です。

私は漫画は読みませんので、8GBの広告なしモデルを購入しました。

数万冊の本が読み放題になるKindle Unlimitedというサービスが3カ月分無料でついてきまので、1冊1000円だとしても私の場合は2、3カ月で元がとれそうです。

もっと早く買えばよかった( ;∀;)

スポンサーリンク

まとめ

最近買ってよかったモノ、今回ご紹介したのはKindle Paperwhiteです。

「本は絶対紙!」と言っていた私ですら、このガジェットを使ってしまった今、もう紙の本に戻ることはないと思います

使ってみる前こそ「電子書籍って読みづらそう」「頭に残らなそう」と思っていましたが、そんな懸念はただの杞憂だったという事が分かりました。

Kindle Paperwhite、マジでオススメです。

誇張なしに、ここ数年で一番良い買いモノでした

本は紙派というあなたも、ぜひ試しに使ってみて下さい。

きっとその魅力に圧倒され、手放せなくなること請け合いです。

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました