TAKASHIN

はじめまして、TAKASHINです。
筋トレ大好き27歳会社員です。
元浪費家で、社会人1年目にローンを組みレクサスRXを新車で購入も、色々あって低燃費のコンパクトカーに乗り換えました。
今では倹約家のミニマリストです。
現在、FIREに向けて資産構築中です!
私が学んで得た知識やお得な情報、私の資産額、ミニマリズムに関する情報などを発信しています。
読者登録頂けると幸いです^ ^

TAKASHINをフォローする
Twitterもフォローして頂けると嬉しいです^ ^
TAKASHINをフォローする

たかが5000円?

お金全般

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんばんは、TAKASHINです。

記事をご覧頂きありがとうございます!

今回は、私が支出を削る事を強くおすすめする理由についてお話しします。

支出を削る

このブログでは、これまでに支出を削る様々なアイデアをご紹介して来ました。

スマホを格安SIMに乗り換えたり、生命保険や自動車保険の見直しをしたり、モノを購入する際に価格を比較したり

ではなぜ私はこれ程までに、支出を削る事を重要視しているのでしょうか。

それを理解する為には、少しだけ視点を変える必要があります。

いくら必要?

例えば、スマホを大手キャリアから格安SIMに乗り換えて月5000円の節約ができたとします。

最初に一度だけ申し込みをしてSIMカードを差し変えてしまえば、以降は何もせずとも月々5000円が浮くわけです。

ここで、この5000円という金額について視点を変えて考えてみてください。

5000円を手に入れるにはいくらのお金が必要か?という視点です。

例えば、株式の配当金で5000円を得ようとすると、利回り5%の超高配当株に投資したとしても、100万円の元金が必要です

つまり考え方によっては、5000円の節約には100万円の資産と同じ価値があるとも言えるのです

5000円を得るのに、スマホ代の見直しをするか100万円貯めるか、どちらが簡単かは一目瞭然ですよね。

この視点について、FIREに当てはめて考えてみると分かりやすいかもしれません。

仮にリタイア後に必要な月々の生活費が20万円(年間240万円)だとします。

この場合、4800万円の元金が必要になります(年利5%と仮定)。

しかし、格安SIMの利用や保険の見直しなどによって毎月の生活費を15万円(年間180万円)に抑えられた場合、必要な元金は3600万円で済みます。

この例では、5万円の節約が実に1200万円もの必要額の差を生んでいます

節約は簡単

上記の例を見ても分かるように、支出を減らす事は同額の利潤を得るよりもはるかにラクです

私がご紹介している節約法は、どれも一度行動してしまえば後は勝手に効果が持続してくれるものばかりです。

保険の見直し、格安SIMへの乗り換えなど、少しの労力で多くのお金を節約することが出来ます。

ほんの少しの手間で、100万円、200万円の資産から生まれる利潤と同等のお金を得る事が出来ます

したがって、「たかが1000円」「たかが5000円」と馬鹿にせず毎月の支出を低く抑えることは、お金持ちへの近道と言えるでしょう。

まとめ

支出を減らす事は、同額の利潤を得る事よりはるかに簡単です。

ほんの少しの行動が支出を削り、効率的に資産を築く近道になります。

たかが数千円と馬鹿にせず、小さなところから支出の見直しをすることをおすすめします

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

 

☟記事が良かったという方はコチラをクリックして頂けると嬉しいです^ ^

にほんブログ村 にほんブログ村へ

☟読書登録はコチラ

FIREを目指すミニマリスト会社員のブログ - にほんブログ村

☟Twitterもやってます!
お金全般
スポンサーリンク
TAKASHINをフォローする
FIREを目指すミニマリスト会社員のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました