TAKASHIN

はじめまして、TAKASHINです。
筋トレ大好き27歳会社員です。
元浪費家で、社会人1年目にローンを組みレクサスRXを新車で購入も、色々あって低燃費のコンパクトカーに乗り換えました。
今では倹約家のミニマリストです。
現在、FIREに向けて資産構築中です!
私が学んで得た知識やお得な情報、私の資産額、ミニマリズムに関する情報などを発信しています。
読者登録頂けると幸いです^ ^

TAKASHINをフォローする
Twitterもフォローして頂けると嬉しいです^ ^
TAKASHINをフォローする

絶対に入ってはいけない「貯蓄型保険」

お金全般

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんばんは、TAKASHINです。

 記事をご覧頂きありがとうございます。

 今回は私も以前加入していた貯蓄型保険について、なぜ入るべきではないのかその理由をお話しします。

 私が犯した過ちを皆さんには絶対にして欲しくない、という気持ちでこの記事を書きました。

 その為少々熱がこもり過ぎて長くなってしまいましたが、それだけ重要なお話ですのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

某外資系保険会社の貯蓄型保険

 以前私は某外資系保険会社の貯蓄型保険に加入していました

 その保険は新入社員の頃に会社の先輩伝いで紹介されたものです。

当時の私は何となくお金の勉強を始め、漠然と「貯金しなきゃなあ。」と考えていました。

 そんな時に紹介されたのがこの保険です。

営業マン
営業マン

老後のお金、心配じゃないですか?

年金もどうなるか分かりませんし、今の内から自分で用意しておいた方が良いですよ。

TAKASHIN
TAKASHIN

そうですね。お金は貯めておいた方が良いですよね。

営業マン
営業マン

はい!しかし今のご時世、超低金利ですから、貯金だけじゃ全然お金は貯まりませんよ。保険で賢く運用してお金を増やしていくべきです!

しかもこの保険ならTAKASHIN様に万が一があった時でも、お葬式代くらいは用意出来ますからね。

ご両親には迷惑を掛けたくないですよね。

TAKASHIN
TAKASHIN

はあ、確かに。ちなみにこの保険だとどの位お金が増えるんですか?

営業マン
営業マン

今から定年までお支払いいただければ、終的には支払った額の140%位にはなりますよ!

これは弊社だからこそ出来る数字で、他の保険会社さんだと最近は良くても110%位が限度ですね。

TAKASHIN
TAKASHIN

えっ!!!そんなに増えるんですか!!!それはお得だ。

銀行に預けておくよりもはるかに良いですね!

営業マン
営業マン

ですよね^^ちなみにTAKASHIN様は、将来このようなお家に住みたいとか夢みたいなものはありますか?

TAKASHIN
TAKASHIN

そうですね・・・。大きめのお風呂とトレーニングルーム、それにシアタールームなんかもあると良いですね。

営業マン
営業マン

とても素敵な夢ですね!この保険に入ってお金を増やして、一緒にその夢を叶えましょう!

TAKASHIN
TAKASHIN

なんていい人なんだ。私の事をこんなに考えてくれている。お金も増えるし良い人だし、よし、契約するか!

・・・というわけで、営業マンの熱量とセールストークに乗せられ、2万円の保険を契約したのです。

貯蓄型保険の真実

 「月に2万円も積み立てているし、運用されて増えていくし、私の将来は安泰だ。」

 当時の私は本当にそう考えていました。

 貯蓄型保険の真実を知るまでは・・・。

 私が保険に入る時、営業マンから以下の様な説明を受けました。

営業マン
営業マン

この保険はお客様からお預かりした資産を、米国の債券に投資して運用しています。大体年利3%位はありますね。しかも元本保証ですよ。

その時はまだまだマネーリテラシーが低かった事もあり、この事に全く違和感を感じていませんでした。

 しかし、よく考えてみて下さい。

 毎月2万円ずつを45年間、3%の利率で運用したとします。

 すると45年後にはいくらになっているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

・・・答えは2250万円です!

 ちなみに45年間の総積立額は1080万円です。

 つまり差し引き(22501080)で1170万円ものお金が増える計算になります!

 さて、ここでこの保険のやばさに気付けたでしょうか?

 先ほどの営業マンの話で

営業マン
営業マン

今から定年までお支払いいただければ、最終的には支払った額の140%位にはなりますよ!

という下りがありました。

 ?????

 「あれれぇ~おかしいぞぉ~~~???」(名探偵コ◯ン風に)

 1080万円×140%=1512万円ですよね?

 ?????

 計算が合いませんね。

 確か年率3%で運用出来たら2250万円になっているはず・・・

 差額の約750万円はどこに消えたのでしょうか?????

・・・ そうです。

 その差額の大部分は保険会社の利益と営業マンのお給料に消えていったのです・・・。

 これが現実です。

 貯蓄型保険の正体はバカ高い手数料を取られるぼったくり投資信託に、少しの保障がついたゴミ商品」だったのです。

 ちなみにこのバカ高い手数料の詳細な割合については、契約書のどこを探しても記載されていません。

 何たる悪徳(# ゜Д゜)

 また「元本保証」を謳っているものの、早い時期に途中で解約した場合は大きく元本割れしてしまいます。

 貯蓄型保険は一見「元本割れもせずリスクが抑えられているのに、保障もついてお金も増える魅力的な商品」に見えますが、実際は早期解約すると大幅に赤字になるリスクがある上に、バカ高い手数料のせいでほとんどお金が増えないゴミ商品」だったのです。

 冒頭に述べた内容を訂正すると、将来が安泰なのは「保険に加入した私」ではなく、「利益率の高い商品を売りつけた事で給料が増える営業マン」の方だったようです( ゚Д゚)

スポンサーリンク

投資と保険は分けて考える

貯蓄型保険がハイリスクローリターンのゴミ商品だという事はお分かり頂けたと思いますが

「万が一の保障も欲しいし、お金も増やしたい」

 という人はどうすれば良いのでしょうか。

 その答えは「投資信託+掛け捨ての生命保険」の組み合わせです。

 「お金を増やす」のは投資の役目です。

 「万が一の時の保障」は保険の役目です。

 この2つを混ぜて考えてしまうと、貯蓄型保険の様なゴミ商品に加入してしまいます。

 お金を増やすには、出来るだけ手数料が低い投資信託をコツコツ積み立てて運用していくのが最適解です。

 万が一の保障を持つには、金額が安い掛け捨ての生命保険に入るのが正解です。

 そもそも「万が一に備える」事が目的の保険に、「お金を増やす」事を求めること自体が間違っています。

 この事をしっかり覚えておきましょう。

 「投資と保険は混ぜるな危険!」ですよ。

自分の事は自分で

ここで冒頭の営業マンとのやり取りで私が感じた事を振り返ってみます。

TAKASHIN
TAKASHIN

なんていい人なんだ。私の事をこんなに考えてくれている。

果たして、本当にそうだったのでしょうか。

 本当に私の利益の事を考えてくれていたのなら

営業マン
営業マン

この国には政府が用意してくれているお得な制度があります。

まずはつみたてNISAiDecoをフル活用しましょう。

と言ってくれたはずです。

 しかしこの営業マンはその存在を明かしもせずに

営業マン
営業マン

老後の為にはこの保険でお金を貯めるべきですよ。

と勧めてきました。

 営業マンが考えていたのは「私の利益」ではなく「営業マンの利益」だったというわけです(-_-)

 勿論それが営業マンの仕事だと言われればその通りですし、それを見抜けなかった私に落ち度があるのも認めますが、この事を教訓に以下のような事が言えると思います。

 「自分のお金の事を一番よく気にかけて心配してくれるのは、自分自身である」

 お金の事を他人任せにせず、しっかりとしたマネーリテラシーを身に着け、自分の資産は自分で守っていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は貯蓄型保険についてなぜ入るべきではないのか、その理由をお話ししました。

 私自身この保険に70万円近く投じていましたが、その真実に気付いてから速攻で解約しました。

 先述の通り早期解約すると赤字になる商品ですので、私も実際に30万円程の損失を被りましたが、高い勉強代という事で損切りしました。

 今既に貯蓄型保険に入ってしまっているという方でも遅くありません、今すぐ解約するべきです。

 バカ高い手数料を保険会社の為に払ってあげる代わりに、低コストの投資信託で賢く運用しましょう。

 解約して一時的に損失を被るかもしれませんが、今から軌道修正して正しい投資にシフトすれば、十分取り戻せるかそれ以上の利益を享受できるはずです。

 また、万が一の保障が必要な方は掛け捨ての生命保険に加入し、安い保険料で大きな保障を持つ様にしてください。

 投資と保険は「混ぜるな危険」です。

 私と同じ過ちを犯す人が、これ以上増えない事を願ってやみません。

 この記事が参考になれば幸いです。

 最後までご覧頂きありがとうございました。

 それでは。

☟記事が良かったという方はコチラをクリックして頂けると嬉しいです^ ^

にほんブログ村 にほんブログ村へ

☟読書登録はコチラ

FIREを目指すミニマリスト会社員のブログ - にほんブログ村

☟Twitterもやってます!
お金全般
スポンサーリンク
TAKASHINをフォローする
FIREを目指すミニマリスト会社員のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました