たかしん

はじめまして、たかしんです。
筋トレ大好き28歳会社員です。
元浪費家のハイパーマキシマリストで、社会人1年目にレクサスRXを新車で購入も、色々あって中古の軽自動車に乗り換えました。
今では倹約家のミニマリストです。
現在、FIREに向けて資産構築中です!
私が学んで得た知識やお得な情報、私の資産額、ミニマリズムに関する情報などを発信しています。
読者登録頂けると幸いです^ ^

たかしんをフォローする

ミニマリストの強い味方!【スマホATM】

ミニマリズム

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんばんは、たかしんです。

記事をご覧頂きありがとうございます。

今回は、外出時の持ちモノを減らす事ができる

「スマホATM」というサービスについてご紹介します。

スポンサーリンク

外出時の持ちモノ

私は財布を持っていません。

「もしもの為に」と残しておいたミニウォレットも先日手放しましたので

財布というモノ自体を所有していない事になります。

 

外出時に私が持ち出すのはスマホと鍵のみです。

(写真は以前のモノです。)

 

スマホケースの裏に貼り付けたシンジポーチの中に

免許証保険証クレジットカードキャッシュカードお札1枚を入れています。

 

毎日車を運転するので免許証は必須ですし

競技の関係上頻繁に治療院に通うので、保険証も携帯する必要があります。

クレジットカードについては、QUICPayや楽天ペイなどが利用出来ないお店で使います。

そして今回のメインテーマである、キャッシュカード。

キャッシュレス決済も使えず、手持ちのお札でも足りない場合に

現金を下ろす為に持ち歩いています。

 

しかし先日あるサービスの存在を知り

キャッシュカードを持ち歩かなくても良いという事に気付いたのです。

スマホATM

そのサービスとは「スマホATM」です。

「スマホATM」とは、キャッシュカードを使わずスマートフォンアプリを使って

ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMで現金の預入れ、引出しができるサービスです。

 

具体的には

コンビニATMに表示されるQRコードをスマホのアプリで読み取って

各種パスワードを入力するだけです。

 

つまりスマホがキャッシュカードの代わりになるという事です。

(サービス自体は数年前からあった様ですが私は先日初めて知りました笑)

このサービスを利用すれば、キャッシュカードを持ち歩かなくても済む様になります!

 

先日銀行通帳を手放したというお話をしましたが

まさかキャッシュカードまで不要な時代になっていたとは驚きました。

スポンサーリンク

たった数分で開設完了

「スマホATM」のサービスを提供している銀行は複数あります。

(auじぶん銀行、セブン銀行、住信SBI銀行、PayPay銀行など)

 

その中でも私は

元々所有していた住信SBI銀行の「スマホATM」機能を使える様に設定したのに加え

新しくPayPay銀行の口座を開設しました。

住信SBI銀行

住信SBI銀行は元々口座を所有していたので

「スマホATM」の利用申し込みのみを行いました。

 

住信SBI銀行のスマホアプリのなかの

「アプリでATM」と言うところから簡単に申し込みできます。

生体認証(顔認証)によるセキュリティ設定を行うだけなので

ものの数分で「スマホATM」が利用できる様になりました。

 

※住信SBI銀行はATMでの引き出し手数料が月に5回(人によって異なります)まで無料なので

地銀や大手銀行と比べてもお得に利用することが出来ます。

PayPay銀行

PayPay銀行は2021年4月5日(つまり今日)に

ジャパンネット銀行が改称して誕生した銀行です。

 

元々キャッシュレス決済のPayPayを利用していたこともあり、

新しく口座を開設することにしました。

 

PayPay銀行を使えばPayPayに簡単にチャージ出来るので

今までPayPayチャージ用に所有していたYahooカードは

これを機に解約して手放すことにしました。

↑1in1out。モノの数は増やしません。

 

ちなみにPayPay銀行は、2021年4月30日までの期間限定で

4,500円のキャッシュバックキャンペーンもやっていたのでラッキーでした(^O^)

↑入金してPayPayに紐づけるだけで現金4,500円が手に入ります!

 

開設も驚くほど簡単で、書類に記入するなどの面倒な手間は一切無く

スマホがあれば個人情報の入力と確認書類の撮影のみで開設が完了します。

↑必要事項を入力し身分証や顔の撮影を行うだけでOKです。

 

実際に私もやってみたのですが5分ほどで申し込みが完了し

当日中に口座が利用できる様になりました!!

 

※PayPay銀行は月に1回までATM利用手数料が無料です。(2回目以降も3万円以上は無料)

お得な使い方

私がメインで利用している楽天銀行は現時点でスマホATMに未対応なので

現金を下ろしたい時には、楽天銀行アプリから住信SBIもしくはPayPay銀行に送金し

コンビニのATMで各社のアプリを使って引き出す、という流れになります。

↑送金自体は3分もあれば完了します。

 

楽天銀行の他行振り込み手数料は月に5回(人によって異なります)まで無料なので

これら3つを組み合わせれば、コンビニのATMをずっと無料で利用することが可能になるのです。

(まあそもそも現金を下ろす機会はそんなにないのですが。)

スポンサーリンク

まとめ

今回は「スマホATM」についてご紹介しました。

このサービスを利用すれば、銀行通帳どころかキャッシュカードすら持ち歩かなくて良くなります。

 

保険証や免許証もいずれはマイナンバーカードに一元化されると言いますし

モノを減らしたい人にとっては、暮らしやすい環境が整いつつあります。

 

いずれ車の鍵まで電子化されれば、

本当にスマホ1台のみで生活できる日がやってきそうです。

 

持ちモノは出来る限り少なくする方が

忘れモノや失くしモノが減りますし、身軽に行動出来るので快適です。

 

「スマホATM」、ぜひ利用してみてください。

 

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました