たかしん

はじめまして、たかしんです。
筋トレ大好き28歳会社員です。
元浪費家のハイパーマキシマリストで、社会人1年目にレクサスRXを新車で購入も、色々あって中古の軽自動車に乗り換えました。
今では倹約家のミニマリストです。
現在、FIREに向けて資産構築中です!
私が学んで得た知識やお得な情報、私の資産額、ミニマリズムに関する情報などを発信しています。
読者登録頂けると幸いです^ ^

たかしんをフォローする

真のマッチョミニマリストを目指して【持ちモノはミニマルに、筋肉はマキシマルに。】

ミニマリズム

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんばんは、たかしんです。

記事をご覧頂きありがとうございます。

今回は私のモットーである「持ちモノはミニマルに、筋肉はマキシマルに。」

という内容についてお話しします。

スポンサーリンク

持ちモノはミニマルに、筋肉はマキシマルに。

私はミニマリストとしてモノを減らす一方で

筋肉については「いかに増やすか」ということを常に考えています。

↑昨日よりも1mmでも大きくなる事だけを考えています。

 

最小化と最大化。

一見真逆の行為に見えるかもしれませんが

私の中では両者とも同じ目的を達成する為の手段であり

そこに違いはありません。

 

その目的は「幸せになる」こと。

幸せになる為のアプローチとして

私はモノを減らし、筋肉を増やします。

モノを減らす理由

モノを減らすメリットは沢山ありますが

一番の理由は「幸せになるため」です。

 

モノが多く溢れた状態だと、本当に自分が好きなコト・モノが

重要ではないモノたちに押しつぶされて見えなくなってしまいます。

 

以前の私も沢山のモノに囲まれて生活していましたが

当時はそれら全てが自分の大好きなコト・モノであると思い込んでいました。

 

しかし当時の私が所有していたのは他人目線で選んだモノばかりで

本当の意味で自分を幸せにしてくれる事はありませんでした。

むしろ他人に合わせることに必死で、ストレスを溜め込んですらいました。

 

しかしモノを減らしていく過程で

自分の本当に大好きなコト・モノ(私の場合は筋トレ・野球)が明確になっていき

それに集中する事で、次第に幸福度は上がっていきました。

スポンサーリンク

筋肉を増やす理由

モノを減らしていく過程で明確になった私の趣味の一つが筋トレです。

筋トレに関する一連の行為は全て、私の気分を上げてくれます。

 

筋トレをしている時、筋トレ後に良質なタンパク質を摂取している時、

大きくなった筋肉を鏡で見ている時、筋トレの新メニューを試している時、

筋トレ系YouTuberの動画を見ている時。

・・・それら全てが私にとって至福の時間です。

 

気分が落ち込んだ時、悩み事で頭がいっぱいの時。

そんな時にも筋トレをすれば私はHAPPYになれます。

 

筋肉を増やすメリットは沢山あります。

・デカくなれる

・かっこよくなれる

・強くなれる

・自己肯定感を上げられる

・服が減らせる(筋肉はファッション)

・その他多数

 

私は筋トレをして筋肉を増やすことで喜びを感じ

幸せな気持ちになれるのです。

まとめ

有名なミニマリストさんの多くが痩せ型の体型であるからか、

世間一般のミニマリストに対するイメージは

「痩せ型」「細身」といったものが多いかもしれません。

 

食についてもミニマル化し

「一日一食」を実践されているミニマリストさんも沢山いらっしゃいます。

 

しかしミニマリズムは十人十色。

これといった正解は無く、あくまでその人が幸せになる為の手段でしかありません。

 

故に私はミニマリストだからと言って

食をミニマル化することもありませんし

身体をミニマル化するつもりも全くありません。

目的を叶える為に1日7回栄養を摂取します↓

 

「持ちモノはミニマルに、筋肉はマキシマルに。」

自分の人生を生き、幸福を最大化するために

私は今日も明日も筋トレに励み筋肉をマキシマル化させ続けます。

 

「〇〇はこうあるべきだ」

「△△だからこうでなければならない」

そんなことは絶対にありません。

 

体裁ばかりを気にしすぎて

本質を見失ってはいけません。

 

自分がやっていて楽しいことをやる。

幸せな気持ちになれることを思いっきりやる。

それでいいじゃないですか。

 

一度きりの人生、せっかくなら自分のやりたいことを全力でやった方が良いですよね。

 

ミニマリズムはそんな

「本当にやりたいこと・大好きなこと」

を見つけて幸せになる為の手段なのです。

 

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました